股関節の障害

HOME | 股関節の障害

Hip Joint Injury

股関節の障害

グロインペイン症候群

これまでに股関節の検査と治療について 国内外で実技指導をしてきました。

ポイントとしては、
股関節をどのように全体の一部として捉えるか、です。
 
動画ではグロインペインについて説明していますが、
骨盤の偏位と股関節との関連性はスポーツ障害だけでなく、
変形性股関節症などの慢性疾患にも関係します。

スポーツ障害としては「グロインペイン」「剥離骨折後のケア」
「股関節のインピンジメント」
慢性疾患では「変形性股関節症」「臼蓋形成不全」
「人工関節手術後の足の痛み」
など様々な方々のサポートをさせていただいています。

グロインペイン症候群

これまでに股関節の検査と治療について 国内外で実技指導をしてきました。

ポイントとしては、
股関節をどのように全体の一部として捉えるか、です。
 
動画ではグロインペインについて説明していますが、
骨盤の偏位と股関節との関連性はスポーツ障害だけでなく、
変形性股関節症などの慢性疾患にも関係します。

スポーツ障害としては「グロインペイン」「剥離骨折後のケア」
「股関節のインピンジメント」
慢性疾患では「変形性股関節症」「臼蓋形成不全」
「人工関節手術後の足の痛み」
など様々な方々のサポートをさせていただいています。

「つまる」「ひっかかる」の原因に【仙腸関節】

骨盤にある「仙腸関節」の状態によって変化する「寛骨臼蓋」

仙腸関節によって大腿骨の骨頭を覆う寛骨臼の角度が変化します。仙腸関節に異常があると、股関節をうまく動かすことができなくなります。


 
股関節は、骨盤の寛骨臼と大腿骨頭によって構成されます。
「脚を動かす」という行為では、大腿骨頭が寛骨臼の中を動くことを指していますが、もちろん寛骨臼側も動きます。
この動きは数度、数センチという単位でしか動かないために、無視されがちですが、異常な状態(例えば、痛みが出ている)では大きく動いたり、または全く動かなくなってしまっている場合があります。
 

「足が重い」は神経系

大きな筋肉が存在する股関節において、筋肉のパワー低下は神経の問題

股関節を支配している神経は大きく二種類あります。
坐骨神経と大腿神経です。


 
「足が重くて持ち上がらない」という表現から体を見る上でのポイントは、
足を上げる筋肉の強さ − 足を下ろす筋肉の抵抗 = 足の重さ
となるため、抵抗の分析と出力の強さを測る必要があります。

この出力の強さを測る筋力テストは、
熟練してくると神経系の機能を評価することもできるようになります。

当院では、まず筋力テストを用いて、神経系の異常を見つけます。
そしてその神経の経路から障害部位をさらに検査で見つけ治療を行なっていきます。
 

過去の足関節の捻挫も股関節の痛みの原因に

運動連鎖や筋膜の繋がりを把握することで大局が見えてきます。

過去の怪我、例えば「足首の捻挫」や「五十肩」のような症状も自然と身体の使い方を変えてしまいます。


 
一例をご紹介します。

車の運転中、後ろから車をぶつけられました。
とっさにブレーキを踏んだため、その大事故には発展しませんでしたが、その後から首と腰が痛み、右足が重くて上がらなくなりました。

この場合、足首の緊張も見なければなりません。

なぜなら、衝突して受けた力は、まずブレーキペダルを踏んでいる足首から、膝を通って股関節へと向かうからです。

過去の怪我、だけでなく、外力が加わった時にどこからどのような方向へと力がかかったかを確認して、痛いところだけでなく全身を検査治療していきます。
 

img20200604201718484024.jpg 「つまる」「ひっかかる」の原因に【仙腸関節】詳しくは下記の「筋繊維の構造からみた調整」を参照してみてください 012c878fc6bf3b8082c6dcc7d47ec8f2efdf3e8feb.jpg 肉離れ・筋肉のつっぱりには、仙腸関節の変位による筋の伸長差が関与詳しくは下記の「筋肉の起始停止部による影響」を参照してみてください img20191118204957126131.png 過去の足関節の捻挫も股関節の痛みの原因に運動連鎖や筋膜の繋がりを把握することで大局が見えてきます。

Point

特徴

3Dで捉えた変位から問題となる筋肉を探る

筋肉は骨と骨を近づける作用があるため、足が固定されている状態で緊張すると骨盤部分を引っ張ります。

 
 

足が固定されている状態、つまり地面に足が接地している状態では、足に対して骨盤が動くことで股関節の機能が果たされます。

短内転筋は恥骨枝についているため収縮する(図は右足)と、
体幹を足側に引っ張り、骨盤を右回旋、左屈、前傾させます。

大臀筋を収縮させると、
反対側へと体幹を押し出し、骨盤を左回旋、右屈、後傾させます。

筋繊維ごとに骨盤の変位する方向は変わるため、どこかに異常な緊張が残っていると、スムーズな股関節の動きができなくなります。

もちろん左右の股関節の協調が大切になってきます。

上半身の不安定による股関節へのストレス

仙腸関節が離開すると体重を支える股関節に対して様々な問題を引き起こします。

 
 

仙腸関節が離開する原因には、
①股関節事態の過緊張
②上半身の歪みによる片側にかかる上半身の重み
③出産時の骨盤の理解があります。

①「股関節と骨盤の変位」で説明した様に、どの筋肉によって骨盤が引っ張られているかを把握し、緩めると仙腸関節が安定します。

②例えば、右側弯(右凸)があり、体が右にスウェーしていれば、体重は右の仙腸関節にかかり続けます。
左肩が下がり、左に体が倒れ込んでいる場合は、左に体重が乗っています。
この様な体幹の不具合によってどちらかの仙腸関節に負荷がかかっていると、長時間座り続けるなどした際に、次第に仙腸関節が開いてしまいます。

③出産後から徐々に固まってくる仙腸関節も、上記の様な問題があると片側だけ安定するのに時間がかかり、開いたままになってしまう方がいます。

症例ブログ「下肢の症例」についてはこちら

3_(1)_20201013102932103.jpg 4_(1).jpg 5_(1).jpg 6_(1).jpg 7_(1).jpg

所在地

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201
エレベーター有り・駐車場4台

最寄駅

与野駅 徒歩5分
さいたま新都心駅・北与野駅・与野本町駅 徒歩12分

料金

保険診療:500円〜 各種健康保険の自己負担額に応じて異なります。
自由診療:6600円 保険診療との併用や定期的に通う場合、お安くなります。
クレジットカード対応可 Visa , Master(自由診療に対してのみご利用いただけます)
初診料2000円

休み

日・祝 休み
木・土 午後休み

受付時間

午前:  9:00〜12:30
午後:15:00〜19:30
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:048-708-2011
Email:agitos.office@gmail.com
Line@:友達登録はこちら

 

当院の駐車場