胸郭出口症候群

HOME | 胸郭出口症候群

Thoracic Outlet Syndrome

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群は 首から鎖骨・胸を通る血管と神経が、
その位置で筋肉や関節の位置異常によって
圧迫され起こる絞扼神経(血管)障害です。

腕を上げた時や、首を振り向いている時、
鎖骨を圧迫する時に圧迫を受けやすいため、
「吊り輪を持っていると手がだるくなる」
「リュックサックを背負うと腕が痺れる」
などと相談されるケースは多く、
デスクワーク中でも机の高さや姿勢の悪さによっても起こり得ます。

「腕が張る」「腕が浮腫む」「腱鞘炎」「手関節炎」
でも背景に胸郭出口症候群がほとんどの場合で関係していますので、
手の痛みでお困りの方にも同様の治療を行なっていきます。

当院で行っているどこよりも細かい診察の仕方についてご紹介します。

検査と治療の紹介と症例報告

Physical Test & Treatment & Case Report

【症例】

胸郭出口症候群とテニス肘・ゴルフ肘の関連

 
例えばスポーツよる肘の痛み「腱鞘炎・腱炎・関節炎」と言った使いすぎによる痛みも、【疲労回復を遅くさせる要因(神経や血管の圧迫)】によって起こっていることがほとんどです。
スポーツ障害でも、普通の日常生活を送る方が起こす肘の痛みも、背景に胸郭出口症候群が関係しています。
 
30代 男性 趣味:テニス
主訴:肩の痛みと肘の痛み

 

【症例】

胸郭出口症候群とテニス肘・ゴルフ肘の関連

 
例えばスポーツよる肘の痛み「腱鞘炎・腱炎・関節炎」と言った使いすぎによる痛みも、【疲労回復を遅くさせる要因(神経や血管の圧迫)】によって起こっていることがほとんどです。
スポーツ障害でも、普通の日常生活を送る方が起こす肘の痛みも、背景に胸郭出口症候群が関係しています。
 
30代 男性 趣味:テニス
主訴:肩の痛みと肘の痛み

 

【症例】

転倒による背部の痛みと右手のこわばり

 
 
 
転倒により背部を痛めると、背中の肋骨から前面の肋骨まで緊張は伝わり、時によって胸郭出口症候群のような手の痛みや痺れを起こすことがあります。
 
そういった背部の既往歴がある場合は、胸の治療ではなく、背部の治療によって胸郭出口の神経を緩めると症状が軽くなります。
 
女性
主訴:肩背中の凝りと右手のこわばり

 

【症例】

転倒による背部の痛みと右手のこわばり

 
 
 
転倒により背部を痛めると、背中の肋骨から前面の肋骨まで緊張は伝わり、時によって胸郭出口症候群のような手の痛みや痺れを起こすことがあります。
 
そういった背部の既往歴がある場合は、胸の治療ではなく、背部の治療によって胸郭出口の神経を緩めると症状が軽くなります。
 
女性
主訴:肩背中の凝りと右手のこわばり

 

肋骨の調整方法(前面から)


肋骨は、前面を胸骨、後面は脊椎と関節を作っているため、前面からコンタクトすることで、胸肋関節の調整が可能です。
 
その他、呼吸法を使い、呼吸とともに動く胸肋関節を調整していきます。
 
女性の場合は、背面から、つまり、肋骨と背骨を結ぶ肋椎関節を利用して緩めていきます。

胸部の調整方法(背面から)


特に上部の肋骨は、前面が上方へ、後面が下方へと動くことで胸郭を持ち上げています。
下部肋骨の場合は、横に広がる機能によって運動が行われるため、胸郭出口のように上部肋骨の場合は脊椎から伸展の力を使うことで調整が可能となります。

肋骨の調整方法(前面から)


肋骨は、前面を胸骨、後面は脊椎と関節を作っているため、前面からコンタクトすることで、胸肋関節の調整が可能です。
 
その他、呼吸法を使い、呼吸とともに動く胸肋関節を調整していきます。
 
女性の場合は、背面から、つまり、肋骨と背骨を結ぶ肋椎関節を利用して緩めていきます。

胸部の調整方法(背面から)


特に上部の肋骨は、前面が上方へ、後面が下方へと動くことで胸郭を持ち上げています。
下部肋骨の場合は、横に広がる機能によって運動が行われるため、胸郭出口のように上部肋骨の場合は脊椎から伸展の力を使うことで調整が可能となります。

鎖骨の調整

【胸鎖関節】【肩鎖関節】の検査と治療

肋鎖症候群と呼ばれる肋骨と鎖骨部分で起こる絞扼には、鎖骨の調整が必要です。


 
女性は「デコルテ」で意識されている部分ですので、普段から左右の違いに気付いている方も多でしょう。

鎖骨は胸の中心を縦に走る胸骨と、肩甲骨の頂点と接続しています。

胸の中心の胸骨も、体幹のねじれにより傾くことが多いので、全身の状態から胸骨の調整も行います。

肩鎖関節は、転倒などで脱臼しやすい部分ですが、肩甲骨の状態によってストレスを受けるため、肩甲骨と合わせて検査調整していきます。
 
説明動画はこちら

肋骨の調整

直接の圧迫肋骨だけでなく、下部肋骨も影響します。

①第1・第2肋骨 ②第2肋骨〜第4肋骨 ③第5〜下部肋骨 によって意味が異なります。


 
斜角筋症候群では第1・第2肋骨が、過外転(小胸筋)症候群では小胸筋が付着する第2〜4肋骨が特に重要ですが、もちろん、第7肋骨など中部・下部肋骨も頸椎を牽引すると言う点で症状の原因となり得ます。

猫背を胸椎・肋骨の状態で表現すると、屈曲(前に屈む)している状態になります。
肋骨の前方部分が下に落ちると、頚椎の前方部分も下方へと引っ張られてしまいます。
 

筋力テストで治療結果を予測

神経障害における筋力テストはその場で変化が感じられます。

肘による絞扼神経障害の疑いもあるため、胸郭付近でどこまで改善するか確認


 
細かい運動が可能な指の筋肉は、神経が密になって筋肉に付着しています。
そのため、神経に障害が起きると、大きな筋肉に比べて容易に筋力が低下します。

同様に、神経の圧迫が少しでも取り除かれると、その場で筋力が改善します。

筋力テストは、患者様と我々にとって客観的に身体の状態を把握できるため、一緒に治療計画を作成しやすいので当院では、胸郭出口症候群以外にも利用しています。
 
血管性の筋収縮の説明はこちら

胸鎖関節・胸肋関節の調整

鎖骨下での圧迫を解放します

 
 

※写真をクリックで動画による説明が見れます。

胸郭出口症候群での圧迫部位は大きく3つに分けられます。
①頸椎での斜角筋症候群 ②鎖骨下での肋鎖症候群 ③小胸筋での過外転症候群

このうち鎖骨と肋骨は①~③全てに関与します。

腰や背中の問題も関与

鎖骨や肋骨が異常を起こす原因は遠く離れた問題かもしれません。

 
 

3つの絞扼神経障害に関わる筋肉や関節は全て肋骨が関わっています。
そしてその肋骨は、胸郭全体でバランスをとりながら起こっているため、下部胸椎や腰椎の問題も時として上部の肋骨や頸椎を引っ張り、結果として胸郭出口症候群を起こします。

締め付けているポイントを解放するとその場で筋力が上がります。

肘による絞扼神経障害の疑いもあるため、胸郭付近でどこまで改善するか確認

 
 

細かい運動が可能な指の筋肉は、神経が密になって筋肉に付着しています。
そのため、神経に障害が起きると、大きな筋肉に比べて容易に筋力が低下します。

同様に、神経の圧迫が少しでも取り除かれると、その場で筋力が改善します。

筋力テストは、患者様と我々にとって客観的に身体の状態を把握できるため、一緒に治療計画を作成しやすいので当院では、胸郭出口症候群意外にも利用しています。

所在地

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201
エレベーター有り・駐車場4台

最寄駅

与野駅 徒歩5分
さいたま新都心駅・北与野駅・与野本町駅 徒歩12分

料金

保険診療:500円〜 各種健康保険の自己負担額に応じて異なります。

※胸郭出口症候群は、神経傷害ですので整骨院での保険診療は認められておりません。自由診療のみの扱いとなります。
自由診療:6600円 保険診療との併用や定期的に通う場合、お安くなります。
クレジットカード対応可 Visa , Master(自由診療に対してのみご利用いただけます)
初診料2000円

休み

日・祝 休み
木・土 午後休み

受付時間

午前:  9:00〜12:30
午後:15:00〜19:30
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:048-708-2011
Email:agitos.office@gmail.com
Line@:友達登録はこちら

 

当院の駐車場