ランニング

HOME | ランニング

Running Conditioning

ランニングコンディショニング

トップアスリート実績

足の障害以外に上肢の障害もトップアスリートをケアしています。

2019年 陸上:世界陸上女子マラソンに出場
             テニス:全日本ジュニアテニス選手権ダブルス優勝
             プロ野球トレーナー指導

2019年以前の過去の実績
    サッカー  元Jリーガー
    テニス   元フェドカップ代表
    自転車競技 世界チャンピオン
    キックボクシング 世界チャンピオン
    ボクシング 世界チャンピオン
    バレエ 海外プリンシパル
    箏曲家 人間国宝を襲名者 などなど

これまでにもオリンピックメダリストや世界チャンピオンなど様々な競技の選手をサポートしてきました。

一般の方もアスリートも自分の限界を少し越えようとした際に、必ず身体の不調を訴えます。
その部分がボトルネックとなっていたため、治療によって克服すると一段と速く、強くなります。

当院で行っているコンディショニングは激しい運動は行いません。
まず動きを視覚的に分析し、次に一つ一つの関節と一つ一つの筋肉に対して機能検査を行って客観的評価から内面的な問題点とを結びつけます。

まずご自身の体のどこに気づけなかった異常があるかを知っていただき(認知)、調整し、運動を学習していただきます。

レベルアップするために自分自身と向き合い、痛みや不調を乗り越えましょう。
 
スポーツコンディショニング全般はこちら

POINT

ポイント

ランニングコンディショニングの3つのポイント

成長は怪我からの回復によって始まる

「走る」
それは単純な動作の繰り返しですが、
1つ1つの動作に身体の緻密な戦略があります。

ほんの小さな戦略のミスや、
緊張による動作の異常は、
繰り返される動作によってストレスを強め
痛みやパフォーマンス低下を起こします。

1つ1つの動作を丁寧に分析し、
問題解決とともに自分自身を知るサポートをさせてください。

ランニングコンディショニングの3つのポイント

成長は怪我からの回復によって始まる

「走る」
それは単純な動作の繰り返しですが、
1つ1つの動作に身体の緻密な戦略があります。

ほんの小さな戦略のミスや、
緊張による動作の異常は、
繰り返される動作によってストレスを強め
痛みやパフォーマンス低下を起こします。

1つ1つの動作を丁寧に分析し、
問題解決とともに自分自身を知るサポートをさせてください。

伸張反射

足のバネを上手く使うには伸張反射が必要


 
伸張反射とは、筋肉が伸張された際、筋線維がちぎれないように収縮することをいいます。これは一種の防御反応で、これが上手くいかなくなった際に肉離れが起きます。
ランニングでは、足が接地している時間をいかに少なくできるがが、早く走る為に必要なことと言われています。
例えば足の接地時、足関節は背屈する為腓腹筋が伸張された状態になります。この際腓腹筋の伸張反射が正常に行われると、足関節は底屈し離地が素早く行えます。

ですが伸張反射が正常に行われない場合、足の接地時間が長くなりふくらはぎの疲労・ひどくなると肉離れを起こします。

腓腹筋の伸張反射は脛骨神経(S.1.2)の神経障害もしくは足関節の可動域制限によって起こる為、神経促通の為の腰部・仙骨の治療、関節モビリゼーションが必要になります。
 

運動連鎖

運動連鎖を正常に行うには全身の調整が必要


 
運動連鎖とは、関節が運動すると隣接する関節に影響を及ぼす事です。
人間は立つ・しゃがむ・歩く際など普段何気なく行っている動作で必ず運動連鎖を行っています。

ランニングにおいては、最初と最後でいかに走り方を変えずに走れるかが重要になります。
例えば歩行時、右足を接地してから体幹が右足の上に来るまでに膝・股関節の伸展動作が行われますが、これは意識して行っている動作ではなく、神経の伝達・筋肉の収縮・関節の可動域が正常である時に上手く行えます。

ランニングにおいての運動連鎖は、いかに筋肉や関節に負担をかけずに長く走れるかが重要になります。前述したとおり、運動連鎖は神経の伝達・関節可動域・筋肉の収縮が正常に行われていないと上手く行えません。
仮に腓骨筋(足関節外反)の収縮不全により小趾側に体重が掛かってしまった場合、身体は2つの戦略を取ります。
①母趾側に体重をかけようと後脛骨筋を収縮させる→シンスプリント
②大腿筋膜張筋でバランスを取ろうとする→腸脛靭帯炎(ランナー膝)

小趾側に体重が乗った例を挙げましたが、中殿筋の収縮不全、体幹の回旋制限、肩の伸展制限でも同様に障害が発生します。
 

筋収縮リズム

正常に行うには関節可動域・神経伝達が必要


 
筋収縮リズムとは、筋肉を同じリズム・強さで収縮させることです。
そもそも筋収縮は、脳から指令が出た後収縮させたい筋肉へ向かって神経の伝達が行われ収縮が起こります。
例えば手を曲げる動作をするまでに脳→頸椎→肩→肘→手と多くの場所を神経が走行しますが、このどこかに関節可動域の制限や関節の位置異常が起こった場合は同じリズムで筋収縮は行えません。

ランニングにおいては腸腰筋の筋収縮リズムが重要になりますが、腰神経叢・大腿神経の出口であるTh12~L4の偏位や股関節の可動域制限がある場合は筋収縮リズムは崩れてきます。

さらに、テレワークなどで座った姿勢が多く、腰痛を併発している場合は腰痛に対しての治療も必要になってきます。
 

接地時間を短くするには伸張反射を活かす

筋肉が伸ばされると反射によって縮もうとする力、それが伸張反射です

 

 
※画像クリックで動画の説明になります。

伸張反射は、筋繊維のすぐ脇にある筋紡錘と呼ばれる筋肉の張力センサーによって機能しています。
筋肉を収縮する際に張力が変化する際に反応するγ1ニューロンによって神経が刺激され収縮します。
この伸張反射は、腰痛や股関節痛によって出力が下がるため、腰の治療前の機能検査としても利用しています。

筋肉と運動ニューロンの関係は、筋繊維ごとで異なる

筋繊維の数でパワーを生む」大腿二頭筋と、「筋繊維の角度で利点を持つ」半腱様筋は、運動単位も異なります。

 

 
運動単位というのは、一つの運動ニューロンが支配している筋繊維の数のことをいいます。
一つの運動ニューロンが支配する筋繊維が少ない方が、繊細の動きを可能にできます。
逆に、一つの運動ニューロンによって多くの筋繊維を支配していると大きな力を発揮しやすくなります。

羽状筋である二頭筋は筋繊維の数が多くなる分、筋出力を大きくできますが、その際に、神経が障害されていると、運動ニューロンによって支配されている筋繊維も影響を受けるため筋出力が低下します。

神経の障害において二頭筋の方が影響を受けやすいのはこの影響だと感じています。

半腱様筋:紡錘筋(平行筋)
半膜様筋・大腿二頭筋:羽状筋

筋収縮のスピードに強い紡錘筋(半腱様筋)と、筋力は強いがスピードが遅く、筋の伸張度に影響を受ける羽状筋(半膜様筋・大腿二頭筋)とに分けることができます。

 

 
筋肉は白筋と赤筋というミオグロビンの量による差において速筋と遅筋に分けられる分類もあれば、今回説明したように筋繊維の並び方によって幾つかの種類に分けられます。
ハムストリングスは、内側にある半腱様筋と半膜様筋、外側にある大腿二頭筋に分けることができますが、それぞれ筋繊維の並び方が異なります。

ランニング動作における筋断裂(肉離れ)には筋繊維の特徴も影響を受けますので、当院では、この筋繊維の方向によって起こる異常も調整していきます。

二関節筋は、4つの関節に関与

骨から骨に付着する筋肉がその間で大別された二つの関節をまたぐことで、二関節筋という分類がされています。
股関節と膝関節をまたぐハムストリングスは、実際には仙腸関節・股関節・膝関節・脛腓関節と複数の関節が関与します。

 

 
一例を挙げてみます。

坐骨から始まるハムストリングスは、基本解剖学にのっとると、半腱様筋が最も坐骨の後面に付着し、その奥でやや外方に大腿二頭筋、さらに奥でやや内芳に半膜様筋が付着します。

仙腸関節の例と同様に、脛腓関節も関与するため、捻挫後にハムストリングスの筋力が減少することもあるため、その場合には、足首の治療も必要になります。
骨盤が回旋(仙腸関節と股関節の機能)すると起始部である坐骨の位置が変化し、ハムストリングスの起始部の関係性が崩れてしまいます。

実際に右の腸骨が左回旋したとしましょう。(図を参照)
坐骨は外方へと倒れ、半腱様筋は外側に、半膜様筋は内側にずれてしまいます。
これによって、膝の内側の痛みとして出ることになったり、半腱様筋だけが使われ、三本の矢構造が崩れ、肉離れにもつながります。

転倒した時の手の骨折がその後における足の動作に影響を与える

手の怪我自体がハムストリングスまで影響を与えてしまうことは稀ですが、運動連鎖の視点を持つと、離れた問題点が影響を及ぼしている事実に気づくことはたくさんあります。

 

 
手の怪我を例にしましょう。
手首の骨折では、基本肘から指先まで固定をします。
手首を返す動きは、肘で行われるためです。

掌を返す動きは、骨折の治療後も障害として比較的残りやすい症状の1つです。

この掌を返す動きは、肩の高さに影響を与え、さらに骨盤の回旋にまで波及していきます。
つまり、過去の怪我がその後の走り方に影響を与えるものなのです。

ただ走るだけではない、手の動きも考慮した調整

ランニングとサッカーでは走り方は異なりますし、サッカーとハンドボールも全く異なります。
手を使う競技であれば、手の動きに対する全身の戦略が必要で、統合的に見る力が必要です。

 

 
例:左足を前に踏み込んでください。
その時に、左肩を動かす動きと右肩を動かす動きでは、多くの人で右腕の方が動きにくいかと思います。

それは、デスクワークが増えている要因とも重なるのですが、
後ろ足が伸びている状態は、今の現代人では、硬い人が多く、上半身の動きが制限される場合が多いからです。

足のストレスが上肢にどの様に影響を与えるか。
逆に上肢の動きが下肢にどの様に影響を与えるかを統合的に考えて治療計画を立てます。
足底腱膜炎・種子骨障害の治療コラムページはこちら
ハムストリングスの機能障害についてのコラムページはこちら
筋収縮についてのコラムページはこちら

ランニングコンディショニングにおいて重要な三つの要素は、
①動作分析 ②問診 ③機能検査 です。
それぞれが関係しあっていますが、動作分析についてここではご紹介しています。
 
当院では、【トレッドミル】を用いてランニングや歩行動作を動画撮影し、各動作のポイントから身体の中で起こっている現象を推測しています。
 
ここで重要なのが、『推測』です。
ほとんどの場合、フォームからすぐに問題を探りがちですが、実際には、フォームに現れている以上は、表面的なもので根本的な原因は、フォームの異常動作の一瞬前に起こっていることが多いです。
 
フォームで現れた異常動作の前にどんな関節機能的な運動があるかを推測し、機能検査を行って確かめ、『真の問題点』を探し出します。
 
また不調となるきっかけや、どういう走りを求めているのか目的に合わせていくことも重要なので問診も重要となります。

 

ランニングコンディショニングにおいて重要な三つの要素は、
①動作分析 ②問診 ③機能検査 です。
それぞれが関係しあっていますが、動作分析についてここではご紹介しています。
 
当院では、【トレッドミル】を用いてランニングや歩行動作を動画撮影し、各動作のポイントから身体の中で起こっている現象を推測しています。
 
ここで重要なのが、『推測』です。
ほとんどの場合、フォームからすぐに問題を探りがちですが、実際には、フォームに現れている以上は、表面的なもので根本的な原因は、フォームの異常動作の一瞬前に起こっていることが多いです。
 
フォームで現れた異常動作の前にどんな関節機能的な運動があるかを推測し、機能検査を行って確かめ、『真の問題点』を探し出します。
 
また不調となるきっかけや、どういう走りを求めているのか目的に合わせていくことも重要なので問診も重要となります。

 

ランニング障害で特に多いのが膝の痛みです。
外側に痛みを起こす腸脛靭帯炎(ランナー膝)もありますが、膝が内側に入ってしまい(ニーイン)、膝の内側に痛みを起こす方も多いです。
 
ニーインする原因として多いのが股関節外旋筋である梨状筋の筋出力低下です。
動画では梨状筋の筋出力検査から治療の流れまでを説明しています。 

ランニング障害で特に多いのが膝の痛みです。
外側に痛みを起こす腸脛靭帯炎(ランナー膝)もありますが、膝が内側に入ってしまい(ニーイン)、膝の内側に痛みを起こす方も多いです。
 
ニーインする原因として多いのが股関節外旋筋である梨状筋の筋出力低下です。
動画では梨状筋の筋出力検査から治療の流れまでを説明しています。 

ランニング障害の1つとして有名な種子骨障害のページを新たに作成いたしました。
ポイントは・拇趾外転筋や短拇趾屈筋・長拇趾屈筋といった筋肉の走行がとてもうまくできている反面、その走行の異常が起こることで拇趾の関節に大きな負荷が働いてしまう点です。

ランニング障害の1つとして有名な種子骨障害のページを新たに作成いたしました。
ポイントは・拇趾外転筋や短拇趾屈筋・長拇趾屈筋といった筋肉の走行がとてもうまくできている反面、その走行の異常が起こることで拇趾の関節に大きな負荷が働いてしまう点です。

ランニングに対するコンディショニングでとても重要なのが「伸張反射による筋収縮」です。
伸張反射は昔学校で、膝のお皿の下にある膝蓋靭帯を叩いて膝が伸びる反射の実験を覚えている方も多いと思いますが、筋肉が伸ばされて刺激に対して収縮する反応です。
ランニングで言えば接地時に伸張反射が働き、接地時間を短くし、蹴る力を大きくする作用があり、とても大切な能力です。
今回は伸張反射を用いた筋収縮であるγ1ループを検査し治療後の変化を確認しました。
筋収縮の細かい説明は臨床コラム「筋収縮のメカニズム」で少し説明しました。

ランニングに対するコンディショニングでとても重要なのが「伸張反射による筋収縮」です。
伸張反射は昔学校で、膝のお皿の下にある膝蓋靭帯を叩いて膝が伸びる反射の実験を覚えている方も多いと思いますが、筋肉が伸ばされて刺激に対して収縮する反応です。
ランニングで言えば接地時に伸張反射が働き、接地時間を短くし、蹴る力を大きくする作用があり、とても大切な能力です。
今回は伸張反射を用いた筋収縮であるγ1ループを検査し治療後の変化を確認しました。
筋収縮の細かい説明は臨床コラム「筋収縮のメカニズム」で少し説明しました。

74d6381a-1a73-4c56-99ca-b2dfdbc13cd1.jpg 股関節の牽引と膝の屈曲 383c66b3-4f82-418b-ae96-fe6c25ec684f.jpg 脊椎の触診と機能検査 b36d02fd-f04f-4a8e-aaba-ce0ecca1d505.jpg 肩甲骨と腕の振り d64e9ce7-0e86-467b-857d-b240b428a67b.jpg 腸腰筋の機能検査

 
他の臨床コラムはこちらからご覧になれます。

Our Clinic

当院概要

所在地

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201
エレベーター有り・駐車場4台

最寄駅

与野駅 徒歩5分
さいたま新都心駅・北与野駅・与野本町駅 徒歩12分

料金

保険診療:500円〜 各種健康保険の自己負担額に応じて異なります。

自由診療:6600円 保険診療との併用や定期的に通う場合、お安くなります。
クレジットカード対応可 Visa , Master(自由診療に対してのみご利用いただけます)
初診料2000円

休み

日・祝 休み
木・土 午後休み

受付時間

午前:  9:00〜12:30
午後:15:00〜19:30
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:048-708-2011
Email:agitos.office@gmail.com
Line@:友達登録はこちら

 

当院の駐車場